好きな世界観

こんにちは!白玉女学園生徒会長ハルカです^^
8月になりました(^o^)毎日猛暑と戦っておりまする。仕事の後の密かな楽しみは、綺麗な夕日!夏の福津の海辺のサンセットが素敵すぎて、思わず太陽を手に乗せてみました。笑

 

さてさて先日、福津に移住してから初めて、花火大会を初めて鑑賞しました!(マンションから見えるのです♬)

(・・・・・めっちゃブレている・・・w)

一応、花火の写真です。すいませんm(_ _)m

 

この写真から連想して、やはり夏に聴きたくなる一曲が

aikoさんの「花火」なのですなぁ。

私が好きになるアーティストさんや作家さんの特徴は、その人独自の世界観がハッキリしている人。

その中の一人・aikoさんの場合、歌詞の内容は「恋愛」や「愛」にほどんと絞られているんですけど、

その歌詞が彼女にしか表現できない世界観に、白玉はグッと心を掴まれています。

特に私は、彼女の失恋ソングの方が好きなんです(ネクラって言わないで)。

 

今絶賛脳内に流れている「花火」も夏の失恋ソング。

♬花火➡️ https://youtu.be/RRfPuUZiip8

花火って、普通見上げるものじゃないですか。それをこの方は「夏の星座にぶら下がって 上から花火を見下ろして」って表現するんですよ!?

こんな表現、どう生きてたら思いつくんやろ?笑 不思議でたまらんのですが、この言い回しというか表現が、私は好きなんですよね。はぁ〜お手上げ!って感じ( ̄ー ̄)

しかも、この方の失恋ソングって、悲しみはちゃんと表現されているんですど、曲調はだいたい明るいし、爽やか。曲全体がガッツリ「失恋!」って感じがしないのもまた良い。

代表曲である「カブトムシ」だって、何をどう考えたら、好きな異性への片思いの歌詞を、昆虫である「カブトムシ」に例えて歌おうって思う!?う〜ん、、、分からんが、ただただ、その発想力というか、閃きというか、無限大の表現力に惚れ惚れしますな。

書き出したら止まらなくなりそうなんで、ここら辺で今日はやめておこう。白玉は、こんなことを色々と考えながら、感動しながら、言葉の一つ一つに注目しながら、音楽鑑賞するのが大好きな人間です(*^▽^*)

夏の一大イベント!!8月18日の朝バナ@福津「正直亭」では、ぜひaikoのBGMで会場を盛り上げたいものですなw

まだ少しお席空いております!是非是非遊びに来てください(*゚▽゚)ノ✨

朝バナはこちらから💜▶️ http://ncgzero.com/archives/10222

 

さ〜、明日の暑さに負けずに頑張るっぺ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です