生き方に惚れてるか?

こんばんは、ハートがフライパンのカフェオーナー朋子です(^^)

少し前にとあるお方から聞かれました。「あなたはなぜこの人と結婚したの?」と。

私たち夫婦はどちらも元々食の分野で生きていました。
ですがかたやバリバリの和食職人。かたや感覚で生きる気ままな自由人。その為ぶつかることも多く、水と油だね、と言われたこともあります 笑

なんでと言われましても〜…と考えて、
・女の直感です。
・この人となら楽しい未来を築けそうだったから。
・喧嘩しても会話でまた関係を築けると言ってくれたから。

などと出てきましたが、再度同じことを質問されます。
「何が決め手だったの?」

うーん?とまた考えて出てきたのは、

「生き方に惚れたから」
という言葉でした。

私はのんびりマイペースに生きてきて、熱くなるとか情熱的というよりも、淡々と日々を送る感じ。どこか熱くなるのが恥ずかしいという気持ちもあったり。ということは熱くなってたんでしょうけど。素直に情熱を表現していなかったのです。

かたや旦那さんは、情熱的に人生を突き進んでいて、自分のことは差し置いて人を助けるし、時には激しく後輩たちをメッセージし、その人の人生に深く関わる。

どこか私もそんな情熱を素直に出して生きたいと思っていたのですね。

今は感情も前よりは言葉として出すようになって、軽くなったし仕事もなんでも楽しくなりました(^^)

なぜ結婚するのか?の根底に、ただうまくいきそうだから、とか、こんな風に想ってくれてるから、ということの奥にある、なぜ?どこに?惚れたのか、が分かると、なんとなくですが自分に芯が入ってくるような感じがします。

秋の夜長、少しマジメなことを考えてみたひとときです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です