人を勇気づけに行け!

高身長低姿勢のかしこまり王子ナガヨシです。

「関わる人、全てが先生なんだよ。」というのは、我らがNCGzeroの理事長、松田幸和子さんがミーティングだったか、言われていた言葉だ。

感謝。自分に感謝が足りていないんだなと反省する出来事があった。

してもらって当たり前。居てくれて当たり前。そんな自分の姿勢だったなと。そして感謝がないと、相手と利用の関係になってしまうことに気づいた。

○○してくれるから仲良くする、依頼する、というような条件付きの関係。利用と損得って似ているのかもしれない。

 

NCGzeroを立ち上げたメンバーの方々は尊敬する方ばかりだ。

そしてそのメンバーの周りには人が集まってくる。その人からの頼まれごとには、二つ返事でイエスと言ってしまうような、なんとか力になれないかなというような感覚。

やっぱり共通しているのは人に何かしらを与えているということ。

一緒にいる時間の中で、来てよかった!また会いたい!と思わせる会話であったり、承認や力づけであったり、そこには相手に対する感謝が根本にあるのだなと感じる。

人との出会いが未来を開くんだ!というのが、僕がNCGzeroに関わって一番感じていること。人を通して自分を見、自分を通して人を見る。そう考えたときに、誰も敵味方関係なく肩を組む可能性があるんじゃないかと思う。

感覚で書いていてうまく文章にできないんだけど、有ることが難しいから有難うがあるということ。満たされるばかりでは一皮剥けないなと、人が少しでも元気にやる気になるような時間を創っていきたいなとそう思っています。

 

久々にzeroのメンバー全員での食事風景。素敵なメンバーが企画するイベントがどんどん立ち上がってきました。皆さん、ぜひ遊びに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です