こんな時だからこそ話そう!

こんにちは!依存心をあおる脱シングルグレートマザー美鈴です。

現在新型コロナウイルスの影響を受け、いろんな変化を体験しています。

今日は薬局に行きましたがまだまだマスクや消毒液などはなかなか手に入らない状況のようですね。

当たり前だと思っていた日常が、当たり前じゃないんだなぁと感じる日々。
同時に今まで「感謝」を忘れていた自分に気付かされます。

私のお仕事は、広告業。WEBサイトを作ったり名刺やチラシなどの販促ツールを作成するお仕事です。決まっていたお仕事はキャンセル続き。

さぁてどうする!?

こんな時だからこそ対話です。仲間です。

どうせ仕事無いなら、ずーっとやりたかったことチャレンジしよう!とダイアローグクリエイターズは最近動画ブーム。CMも始めます。ダイアローグクリエイターズYoutubeチャンネルぜひ登録お願いします!

ごはん食べられなくなったらご飯はあるよ!と言ってくれるのはお弁当の田ぐり庵の仲間たち。

ふむふむ、この状況じゃあイベント無いしお弁当買ってもらえない!では家で食べられるレトルトを販売しよう!と新商品のレトルト商品販売チラシのお手伝いをするわたくしたちダイアローグクリエイターズ。(い写真はタイカレーです。350円。おすすめ!!)

今日も田ぐり庵さんの新社屋に飾り付けに来ています。

こんな風に世の中は変わっても、お互いに助け合えば乗り切れるんじゃ無いかなと感じています。

zeroの先輩たちにいつも教わっているのは、

「自分のことは忘れて、目の前の人を全力で勝たせなさい」

と言われてきたけれど、勝たせるってなにー!?とピンときていなかったのですが
こんな時だからこそ自分を守るのではなく、奪い合うのではなく、人を力づけたり、人のお役に立つために生きるってことなんだーとみんなを見つつ感動しています。

そして、こんな状況になって初めて!周りの人たちの優しさを身にしみて感じています。

以前、ヨガの先生が教えてくれた「天国と地獄」の例え話を思い出します。

この世界は、豪華でおいしそうな料理が並ぶ、大きな円卓をたくさんの人が囲んでいている世界。全員が長〜いスプーンを持っています。

我が先にご馳走を食べたい!とスプーンで料理をとって口に入れようとしても、スプーンが長すぎて食べられない!周りの人が見えずにみんながご飯を食べられずに飢えてしまうのが地獄。

目の前の人に食べさせようと、遠くにいる他人の口に料理を運びお互いに食べさせ合う。みんながお腹いっぱい食べられ満たされるのが天国。

この世界は、みんなのあり方によって天国にも地獄にもなるよ。というお話。

奪い合いではなく分かち合い。

みんなものすごく大変な時ですが、だからこそ助け合って分かち合って生きる素晴らしさを体験できるチャンスかも!と感じたり。

なにはともあれ、しっかりとうがい手洗いして、不安になったら1人で悩まず対話してどんどん未来を生み出していこう!

zeroのイベントは残念ながら現在お休みしていますが、電話などでも話せるのでみなさんぜひどんどん会話して乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です