無意識に曲げる脚の角度は今でも変わらない

こんにちは!チョイ悪亭HENTAI紳士ホリケンこと堀尾です!

「三つ子の魂百まで」と言いますが、ホント人間って変わらないものですね~!

先日大学時代の写真アルバムを見ているとこんな写真が~

落研(落語研究会)の同期3人で写ったもので~す!

なんでこのポーズで写真を撮ったかは今となっては不明です~

ちなみに私は一番左で傘を差しています(^^)

カメラを意識していないように見えて実はめっちゃ意識しているポーズ

何より、こういう時にとる脚の角度が今と全く同じなんです

ボウリングでボールをリリースする時の感じだなぁ~

顔でわかるというより脚の角度でわかるとメンバーに言われました~!

また、先日中学校の時に久米宏さんのラジオ番組で私のハガキが読まれた時のカセットテープが出てきました。

そのハガキの内容が、いかにも私が書きそうな内容なんです(はい、私が書いたんですが~)

もう、今の感覚とあんまり変わらないんですよね~

自分では成長したつもりになっていましたが、人間って変わらないもんだなと、

自分でおかしくなりました~

一生こんな感じでやっていくのかもしれません~!

ではでは、みなさんまたお目に掛かりましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です