オシャレ=ガマン は成り立つのか

全国のオシャレが苦手と思っている皆さん、こんにちは

妄想爆発技術屋のミヤモトです!
そして自分も漏れなくオシャレが得意ではありません!

いやー、オシャレって難しくないですか?

今日、仕事の帰りにタイヤがスキーのボーゲンみたいに
ハの字型についてる車が居たんです。

今まで見た中で最大の角度のハの字!
見た瞬間、横から車に突っ込まれた車両なのかと思うほど!

車高が下がってダウンフォースが得やすいのかなぁ?と思いながらも
タイヤのグリップ力が極端に落ちてるのでどうなんだ?とも。

ちなみにダウンフォースっていうのは
車が高速状態になると車の上を流れる空気が高速に(低気圧状態)
車の下に入る空気は低速に(高気圧状態)なって
飛行機の翼と同じように揚力が発生します。

普通は揚力が発生すると車重が減る?(浮き上がる?)から燃費が上がりそうだけど、
ここで車の構造が問題になって、やっぱり車はタイヤで走ってる。

タイヤごと浮き上がると地面に対してグリップ力が下がるので
高速を出し続けるのに限界が見えてくる。

そこで車体の下に空気が入らないように車高を下げたり、
エアロパーツで見かけの車高を下げることで
車体の上にほとんどの空気が流れて車体が地面に押し付けられます。

これがダウンフォースで地面に車体が押し付けられることで
タイヤのグリップ力を上げながら更に加速できるのです!

すごい!(*´ω`*)

 

「オシャレはガマン」という名言を以前聞いたことがあります。

つまり、あれは車体性能が落ちる(*1)のを我慢しながらやっている

新品のジーパンをわざわざダメージを与えて履くのと同じで
あれはオシャレなんです!

F1に自転車のタイヤみたいなのを付けるとグリップ力がゴミみたいになるけど
きっとそれもオシャレなのかもしれない!

真冬に暖房掛けた部屋でこたつに足突っ込んで食べるアイスもオシャレ!

熱い夏のビーチでこたつに入って鍋焼きうどんを食べるのもオシャレ!

お金ファーストな大統領の国でヒッピーして生きるのもオシャレ!

ガマン=オシャレ
の公式は車から服から生き方まで幅広くフォローしています。

 

なんと興味深い世界でしょう!
しかし、探求するにはあまりにも難しい。

しかし、自分が我慢してAKBな服を着てもオシャレでもなく誰も幸せにならないので
ガマンはオシャレの必要条件かもですね!

ここからの詳しい探求はまた次回!
(写真 玉ねぎ(右奥)とジョージオーウェル(中)と宮本(左))

 

*1 ちなみにドリフトするなどカーブ時は遠心力で内輪が浮いて外輪が強く設置するので
このハの字型だと接地面が増えて逆に安定することも!
レーシングカーとかが特にこういう形ですよね(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です