無駄な事は何もない

  1. こんばんは 実用的暴れん坊少年としあきです😊

「野村さんは何でも出来るんですね」と、よく言われるのですが、この何でも出来るオールマイティさが昔はコンプレックスでした😣

何でもやるけど広く浅くて特化したものが何も無い。これで勝負する!的なモノが無いと思い込んでいたからそんな自分が嫌だった。

最近になって何でも出来る自分って凄いなーと思える様になったのはコンテナカフェをZEROでやり出してからだ。

コンテナカフェの入り口の階段は自分が作ったのだがこの階段も大工父親に教えてもらい後は昔の父親の仕事を思い出しながら作りあげました。

作った事の無い階段だけど作れるとしたら自分しかいないと思い立候補した。初めは不安だったけど父親に話したら福津まで来てくれて(初めて田ぐり庵にも来たんですよ)父と話していくうちに昔一緒にやっていた時の事を思い出して来てメンバーの力を借りながら作り上げる事が出来ました!作り上げた事が自信になったんだと思います。

そこから自分って何でもやれるんだ!スゲーって思える様になりましたね。

他にも料理したり包丁研いだり4tトラック運転したりしますが何でもやれるお陰で色んな事で直ぐに声が掛かり、人の役に立っているなーと感じるし頼りにされているんだと思う様になりました。

でも運転とか料理とか初めからやれた訳じゃなく運転は怖くてやらないって言ってたし事故もたくさん起こした。料理だって何にも知らないからチャーハン作るのにご飯にウスターソースをドバドバかけてお弁当のおかずを刻んで入れて真っ黒いベチャベチャチャーハン⁇を美味しい‼︎と言って食べていた。子供の頃はお腹が一杯になればそれで良かった。それぞれエピソードはあるけど、またの機会にします🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です