丑年だし、牛の話を

お疲れ様です!
乙女な筋トレマニアにして
妄想爆破技術屋のミヤモトです。

ネタがないまま書き出そうとして、
過去の投稿をチラ見して気付きましたよ。

今年が丑年だということにね!

というわけでたまには牛の話をしましょう。

牛といえば、あれですよね。
太宰府天満宮!

太宰府天満宮といえば、道真公
ひょっとしたら飛梅

でも、牛の像があったりして
なんでだろうと思っていました。

福岡県人はもちろん知ってるかもですが、
自分は県外人。

御神牛 という言葉はわかれども
なんで「牛」?という気持ちがいっぱい。

由来を見てみたら
「59歳で亡くなって、牛車で運んでた。
すると突然、牛が動かなくなった。
それが道真公の御心だ、ということでその場にお墓を建てて
それが現在の太宰府天満宮だとさ。」

 

なるほど!

あとは亡くなった日が丑の日だとか色んな説もあるそうですが、

小学校低学年の頃にじいちゃんと九州旅行の際に
太宰府天満宮に来た記憶があって
なんか乗り換えが大変だなぁって思ったり
何か分らんけど、牛の像の頭を中心に
撫で繰り回した記憶があって

どんな縁があってか

関西の大学を出て

東京で就職して

福岡に配属になって

太宰府が近くに。

今でも太宰府の話が出ると
「牛のところだな」と思ってしまう。

じいちゃんとの記憶が懐かしい。

本当に旅行好きなじいちゃんだったなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です