卒業~トミー少年の1993年3月25日~

ご覧ください。

この狂気と混沌。韓流アイドルの様な短パンを履かせられ、仕組まれた自由にもがく少年の一枚の写真を。

平成5年3月25日、トミー少年の卒業式の一枚である。

それは、短パンからの卒業でもあったのだ。

短パン、ハイソ、学帽、そんな縛られた世界の中で、彼は学帽を投げ捨てた。

前髪を真っ直ぐに切られ、少年の目は何を語っていたのか。

それは、彼なりの帽子ヘアーだったのかもしれない。

そして、彼の仲間たち。

きっと、現在40歳になるであろう彼らは、もう短パンを履けない。

きっと、履いたら職質されるだろうから。

いつか将来、短パンで集まろう。

そんな事は、語り合わなかった。

最後の短パン、白ハイソックスを思う存分楽しんだ彼ら。

彼らの目には希望の光の中に諦めがあったかもしれない。

そして、トミー少年、ポージングが最先端である。

話を戻そう。

トミー母との一枚。

母の身長は150センチ。

いかにトミー少年が小さかったかお分かりいただけるであろうか?

トミー少年はクラスで一番小柄な男であった。

ゆえに、前にならえは、手に腰と自然に今でも手が動く。

だから、いつも先頭であった。

卒業式でもこの有様である。

まるで、自分が制服をデザイナーしたドルチェ&ガッパーナのランウェイのように、

歩いてるではないか。

修学旅行でも、このポジショニング。

高崎山の猿と間違えたカメラマンが配置したのか。

校長、よく許したなそのポジショニング。

彼は、常に体制や組織に反抗していた。

その苦しみが如実に現れた一枚である。

そして現在。

40歳になった彼はこう語る。

「僕にとって卒業というのは、どれも何の意味ももたなかった。ただ、それは仕組まれた時代の中で、奴らの小さな檻の中からの形式的な解放であり、

その象徴が短パンという鎖。いや、そんな大げさなものでは無い。もしかすると、僕らだけに見えていた幻想かもしれない。

それは、まるでこのパンケーキに乗ったバターのようにね。」

今日も、トミー少年はあの日と変わらず生きている。

美容室に行けば前髪を揃えられ、夏になれば短パンを履かせられて生かされている。

それは、きっとこれからも変わることは無いであろう。

~fin 「トミー少年のゲリラ日記~1993年卒業の記録~より抜粋(NCGzeroブック)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です