味覚の広さは、人間の広さ

こんにちは、北大路魚山人テキトー卓郎こと河野卓郎です。
味覚の違いは何でしょうか?
育った環境が大きいのではないでしょうか?
宮崎出身の私は豚骨ラーメンがベースですが、18才で豚骨ラーメン発祥の地の久留米に来てビックリ!
同じ豚骨ラーメンですが別物。
宮崎ラーメンみたいに、もやしが乗ってない、沢庵も出ない。
美味いと言われる多くの店を回ったけど違う!
麺は素麺みたいに細いし、スープも全然美味くないとガッカリして嘆いてました。
しかし、不思議と2年程したらフッと味覚スイッチが目覚めました。
旨め〜じゃね〜か〜、さすが久留米ラーメンよ、と。今では久留米ラーメンは第二のソウルフードでなくてはならない存在になりました。

また、社会人になっても同じ様な体験をしました。
旅行代理店になって海外のご飯を色々食べました。
最初は、日本と違う不味いと言ってましたが、いつの間にか美味しくなるんです。
色んな国に行く程、沢山の味覚が必要なんです。
美味い不味いなんて、自分の小さな物差しで測ったらいかんなぁと思ったのです。考えたも日本人とは全く違うし。
ある時、フト思いました。人間も沢山の人と関わる程、人間として味覚だけでなく器も広がるのでは?と。
スタートは合わない豚骨ラーメンみたいな出会いが、生涯の友となるのでは?と探求する毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です