おおらかに、かつ精密に

こんにちは、チョイ悪亭HENTAI紳士ホリケンこと堀尾です!

別の名を、ホリケン。’21(トゥーワン)!

 

私は「数字に細かい」ようです。

保険という数字を扱う仕事をしていて、

家計の管理も主に私がしていることで、そう思われているようなんですが・・・

もう一つ、思い当たる節があります。

前はきっちりとワリカンにしていたんです。

お客さんに言われました。

「堀尾さんと以前(20年以上前)お茶したときに、1円単位までワリカンだった」と。

今考えると、なぜお客さんのお茶代くらい出して上げなかったか、

しかも1円単位までワリカンにしたのか、思い出すと顔から火が出そうです。

 

一人っ子のせいか、誰かにおごるとかいう経験が無く、

自分のものは自分のもの、自分のお金は自分だけのために使う、立替えたら一刻も早く返してもらいたい、という気持ちが強かったようです。

(そうでない一人っ子の方、すみません!)

 

細かいで思い出すエピソードは、妻の両親に結婚のお願いをする時に、

私と妻の給料の手取り金額を紙に書いて、このお金があれば結婚しても大丈夫です、と話した思い出です。

今考えるとそれも大切だけど、「どうしても結婚したい!」という心意気を示す方が重要ですよね!

そういう「木を見て森を見ず」というピントのずれたところが私にはあるようです。

 

 

 

 

 

 

そういう私もNCGzeroに関わってから、ようやくそのあたりの人間の機微がわかるようになった気がします。

NCGzeroではよくモノの貸し借りやモノをあげたりもらったりします。

「自分だけの所有物」という頑な態度より、「自分が持ってて使わないなら、誰かが使ってくれた方がいい」という文化が当たり前なのです。

何も持たずに生まれて何も持たずに死ぬのに、自分のものにこだわったらダメだなと段々とわかってきました。

妙なこだわりが減る方がラクにそして楽しく生きられますね!

 

今後はもっともっとおおらかに生きたいですね!

そして、細かいのではなく「精密に」したいです!

これは相反するのではなく両立するはずです。

おおらかに生きるからこそ人の機微がわかり、それに精密に対応できると思うのです。

今後の目標はこれです!

そんな私を見守ってくださいね~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です