夏野菜の思い出

こんばんは、ハートがフライパンのカフェオーナー朋子です。

他のメンバーも書いてますが、最近zeroファームのお野菜を食べることが増えました。

毎年毎年、美味しくなり続ける野菜の味。

野菜や土、お天道様と向き合い続けるからこその進化なんだろうなぁ。

アバシゴーヤで作ったチャンプルーも美味しいですよ(^^)

昔、うちの祖父母も農家で野菜やお米は時給自足の生活。

夏になるとゴーヤ(昔はニガウリ。佐賀?はニガゴイと言っていたなぁ)がたくさん採れ、縦に切り目を入れてワタを取り出し、そこに味噌を詰めて七輪で焼く、という、一見オシャレなキャンプ料理 笑 をおばあちゃんが作っていました😂

焼けるときの香りは強烈至極。鼻をつまみたくなるほど。

ゴーヤチャンプルーなんて料理は無かったなぁ。

おじいちゃんは、採れたての辛すぎる青唐辛子を皿には乗せずにテーブルに直置き。箸でつまんで丸ごとかじりながらビールを飲むワイルドさ。

ざく切りのトマトには砂糖をたっぷりつけるか醤油をかけるか。マヨはあるがドレッシングは無い時代(いつやねん)。

すいかの皮は必ず塩もみして醤油で食べる。

とうもろこしはもちもちしたもちきびが主流。(うちだけかな?)

きゅうりは学校から帰ったらおやつに丸ごとかじる。

おばあちゃんの青い小梅の醤油漬けが大好き。遊びながら梅の壷を開けつまみ食い。

素晴らしき昭和の時代。

夏野菜を食べながらそんなノスタルジックな気分になりました。

祖父母に感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です