ケチはダメ!

チョイ悪亭HENTAI紳士ホリケンこと、ホリケン。’21(トゥーワン)です!

元々ケチでしたね~

20年以上お付き合い頂いているお客さんから言われました。

「堀尾さん、前は一緒にお茶飲んだ時に1円単位までワリカンでしたよね~」

恥ずかしくて顔から火が出そうでした!いや、出ました!

小学生の頃、お年玉で千円札をもらいました。

その当時の千円は子どもにとって大きなお金でした。

700円でプラモデルを買いました。初めて買った高いプラモデルです。

残りの300円で1枚100円の宝くじを3枚買いました。

これで千円を使い果たしました。

肝心なのはここからです。

プラモデルを組み立てたのですが、生まれつき不器用な私は完成させることが出来なかったのです。

だいたい私が組み立てると、部品が余るか足りなくなるかのどちらです。

せっかく高いプラモデルを買ったのに意気消沈です。

後は宝くじに掛けました。

3枚ともハズレでした。

ご存知と思いますが、宝くじは連番で10枚買うと1枚は末尾1ケタの最下位賞が当たるのです。

しかし、私が勝ったのは中途半端な3枚。

全部ハズレ、プラモデルも完成しなかったので千円丸々損したことになります。

ケチが始まったのはここからだと思います。


ただ、最近は変わってきましたね。

以前は、

面白くて人に読んでほしい本やCDがあると、その本を人に貸してました。

貸すと「返してほしい」という気持ちが出てくるんですね。

なかなか返してくれないと「あの本(CD)、どうだった?」と暗に催促します。

そこで「あっごめん、返してなかったね、で、まだ読んで(聴いて)ないんだ」

などと返答されたらガッガリです。

「貸したらあげたと思った方がいい」と言われます。

お金を貸すときによく聞きます。

なので、最近は「貸す」ことは止めて「差し上げる」ことにしました。

上げたら返してもらうことを気にする必要はありません。

もう一つ大切なことが、本やCDの感想を相手に期待しないことです。

自分と相手は違うわけなので、当然感じ方は違う。

それを「こんな反応をしてほしい」とこちらが思うのは身勝手な話です。

相手がどう思うかは相手の自由。そういう度量が少しずつ(まだ少しずつですが)出来てきました。

そして、もし相手に共感してほしいなら、

自分を磨くしかないですね。

本でも誰から勧められるかで受け取り方は全く違います。

「堀尾さんから勧められた本なら、ぜひ読んでみたい」という自分であるかどうかです。

P.S.「自分磨き、止まんな~い」

ちなみに、これはアンジュルム「SHAKA SHAKA TO LOVE」の橋迫鈴ちゃんのセリフです。

ここで「アンジュルム」「橋迫鈴」を調べる気にさせてないとすれば、私の魅力不足ですね。

精進します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です