こわいこわい病

こんにちは😃今日のブログは、天使を着た悪魔クミコです。

実家を出て、5年が経ちました(*´꒳`*)

そんなことを、ふと思った今日この頃。

最初は薬院に2年、そこから引っ越して、

福津で3年。。。

環境はガラっと変わったし、

昔の自分じゃありえないようなことばかり。

自立したい、自分の人生を生きたい、

とにかく、思いっきり、ぶっ飛びたーい!

という思いだけで。

 

でも、実家を離れて気付いたのは、

親との距離は遠くなっても、まだまだ精神的に深く繋がっているということ。

ずっと依存して生きてきたから、

自分で何かを決めるという感覚が無かった。

いつからか、自分の言葉は、ただただ不安材料になっていたので、決めてもらう方が楽だったのです。

決断できないことが、人生でこんなにも致命傷になるなんて。。

ようやく、よし、やるぞ!と決められるようになってきたけれど。。

本気で腹をくくってなかったり、

気分的なことだったりで。

やるの?やらないの?と、よく迫られる。

誰も決めてくれないし、

自分で決断するしかない。

怖くても、どうなるか分からなくても、

どうするか決めないと、

とにかく未来はこない。

決めたら未来が開く!の感覚が、

最近やっと少しわかってきたような気がしています。。

やらずして、こわいこわい病は、もうすぐ卒業です(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です