泣きながらやるっきゃない っ! ٩( ^ ^ )و

こんにちは、カマトト座敷童ありさです(^ ^)
今日は、最近、蘇ってきたことについて。
コロナ禍で朝活イベントもできなくなって、人ともなかなか対面では話さなくなって、仕事では毎日外に出るんですが、心は内に籠っていました。

なぜ私はNCG zeroにいるんだろう?
大先輩と話しながら、自問自答を自分を吐露。

段々話していくうちに、ここに出会った23歳の頃を思い出しました。

人見知りで、会話が大の苦手で、親友は2.3人で大丈夫です!なんて思ってたんです。
そんな時、お兄ちゃんがNCG zeroを教えてくれて、一番最初の感動は関原さんの電子書籍を読んだ時でした。

今でも覚えてて、暗い夜道を仕事から帰りながら携帯で読み進めて、自分に希望が湧いてきて、うるうるしていました☺️🙈

赤裸々にご自分のことが書いてあって、自分の中にもある言葉に触れられるようで、感情の蓋が開くようだったなぁ。
本の中に、美容も全部、自分の言葉、会話だと書かれているのですが、関原さんに髪をカットしてもらうとき、もちろん髪はスッキリするんですけど、話しているうちにポロポロ泣いて、内面がクリアになっていきます。
終わって家に戻ると、心が軽くて、頑張ろー!と元気なんです。
これが美容なんだ…!と会話の凄さを実感します。

私自身、他人の目ばかり気にして感じてることや核心に触れないままだと一向に相手との距離が縮まらないと感じるこの頃。

「そんで、いつやるの?泣きながらでもやるしかないよね」と言葉をかけて頂き、そっか、才能でも性質でも何でもない。
やるって決めたらやり続ける、自分のキャパを越えてみよう!の2021年あと少し(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です