京都の四畳半な世界

高身長低姿勢のかしこまり王子ナガヨシです。
最近、読書の秋に!とビジネス書を何冊かまとめ買いしたものの、ビジネス系の本を読むのにも体力がいるなーと痛感しているわたくしです。歳ですかね。
とはいえ、読書欲もあるという変な葛藤に苛まれまして、小説を買いました。
買ったのは森見登美彦さん著の新作”四畳半タイムマシンブルース”。
久々の森見さんで、まだ冒頭ですが、(あぁこの文体、言い回し、京都の四畳半、懐かしいなぁ…。)という気持ちに溢れています。
森見登美彦さんと出会ったのは、社会人になってから。
“夜は短し歩けよ乙女”を初めて手に取りまして、(こんなに面白い文章を書く人がいるんだなー。)と相当な衝撃を受けました。
それからというもの、今までの森見登美彦さんの作品を全て購入しまして、世界観を堪能していた日々でした。
森見登美彦さんの舞台は、京都の四畳半が頻繁に出てきます。
今回の新作がどのような展開になっていくのか、楽しみなこれからです。
引っ越しでほとんどの作品は手放しましたが、お気に入りの2冊だけ手元に残しました。
じわじわと読み進めてゆこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です