同じ趣味でも、楽しみ方がみんな違って面白い

お疲れ様です!
妄想爆発技術屋のミヤモトです。

自分は史跡が最近になって面白いなぁ~と思って
ちょっと読んだり、調べたりするんですが、
先日、他の史跡好きの方と話しまして。

その方は「自分ならどうするか?」っていうのに想像が広がって
色んな史跡で偉人や歴史上の人物の判断や考えを推考するのが楽しいとのこと。

自分の場合は史跡へ行って、
これをどうやって作ったか?
に興味津々。

例えば、熊本の地震で熊本城が崩れていまだ石垣も直ってませんが、
現在の直し方の説明を聞くと

石垣の石をクレーンで積んで、
形が違えば石工職人さんが削って
また積んで。

を繰り返しているとのこと。

じゃあ、クレーンの無い、熊本城築城時は
どうやったんだろうか!?

ワクワクしてこないですか?
あの、数トンある石の塊を
現代技術でクレーンを使って、
崩れてから5年の歳月でも完成の気配は見えなかったです。
当時のクレーンさえない状態で
おそらく、接合面を削るにはひっくり返すのも一苦労な石を相手に
当時、どうやって削って、どうやって積んでいったのか?

自分ならどうやって?
バーベルの100kgは一人で持ち上げられるけど、
石の100kgは3人がかりでも持ち上がらない。
当時の知恵と工夫にワクワクします!

そんな感じで、おなじ史跡好き同士でも楽しみ方が違うので盛り上がりました!
それを考えると、「料理が趣味」「読書が好き」「映画が趣味」など
一見、同じような趣味に見えながら、全く違う楽しみ方をしているのかもしれません!

そういうのが見えるからこそ、
人と話すのもまた、楽しいなぁ、と思いますよね(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です