【福津映えマップ】豊村酒造

わたしくし、イノシシまなみはホスト気質ジェラ男こと中嶋俊介さんと、福津市津屋崎で130年に渡り、津屋崎の地酒・日本酒を作り続けていらっしゃる豊村酒造さんに行ってきました!

津屋崎の海を眺めながら進んでいくと、見えてくるのは大きい玉!!

これ「杉玉」といいます。

みなさんご存じでしたか?

私、今回行くことになって初めて知りました。というか、調べてみたら「なるほど!!!」と納得。

こちらの玉、もちろん杉で作られてるんですけど、最初は本来の緑色をしています。

この意味は『今年の新酒できましたよ!』という目印らしいんです。

そしてだんだんと茶色くなっていくとともに、日本酒の熟成度合もわかる仕組み。

昔の人は面白いこと考えるなぁ~~。

黒の外壁も歴史を感じます。

煙突も絵になる!

 

さっそく中に入ってみると、一番最初に目が行くのはお酒ではなく、梁!

なんてりっぱな梁。この梁が130年を支えてきたんですね。

 

もちろん日本酒もありますよ!

今回、お話を聞かせて頂いたのは、豊村酒造さんに嫁いでこられた奥様。

奥様自身はもともとビールやワインを好んでらっしゃったんですが、いろいろ勉強していく中で日本酒の面白さや美味しさを知られたとのこと。

日本酒、それも大吟醸酒専用、吟醸酒専用などのワイングラスがあるそうですよ!

美味しさもですが、日本酒界にも【映え】がしているのかも!?

お猪口で飲む日本酒も美味しいですが、ワイングラスで飲む日本酒も味わい深いでしょうね〜!

ぜひ津屋崎にお越しの際は、お立ち寄り下さい!

豊村酒造
福津市津屋崎四丁目14-18
Tel: 0940-52-0001
営業時間:月曜~土曜9:00~16:00 日・祝定休

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です