【福津映えマップ】恋の浦海岸

福津の映えスポットを求めて「恋の浦海岸」にやってきました。

ホリケンとジュンコのコンビです。

まず何といっても「恋の浦」という名前に惹かれますよね!

名前の由来ですが、

『ある高僧が修行を終え、大陸から帰国した際、恋の浦に当時あった温泉で長旅の傷を癒していた。そのとき、この僧が大陸に残してきた恋人を思い、浜で海の向こうの大陸を眺めておられたことから、恋の浦と名付けられたとされる説がありますが、真偽のほどは定かではありません』とのこと。(福津市のホームページより)

いずれにしても太古のロマンを感じる名前ですね。

海岸なので色んなところから入れるようですが、今回は福津市地域振興部地域振興課に電話でお尋ねして

楯崎神社の北側にある空き地に停め、少し道を下り恋の浦海岸に降りていきました。

その海岸へ降りる時に気が付きましたが、とにかくここの砂はサラサラときめが細かいのです。

歩くだけで足が砂に埋まってしまう感覚です。

海岸はそれほど広くありませんが、岩場の荒々しさと砂浜の柔らかさが対照的です。

水の透明度は高く、生物も豊富で、うみがめの浜としても有名になりました。

なんと、福津市は「うみがめ課」という自然環境の保護に努める部署があるのです。

ここは宮地浜や福間の海岸より波が荒いようで、また人家なども見えないので海が満喫できます。

砂浜に立つジュンコさんも物憂げな感じです。

海の向こうの誰かに思いをはせているのでしょうか?

もしかして眠いからなのかもしれませんが(笑)

晴天の日にはぜひ訪れてみたいスポットですね!

なお、サラサラの砂が靴の中に入りますので、よく落として車に乗りましょうね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です