東へ西へ 花見のBENTO CAFEで待ってる


ハーイ、お元気ですか?

最近、井上陽水さんにハマってます。

NCGzeroの純粋な浮気者トミーです。

そして、最近知ったのですが、陽水先生の名曲「東へ西へ」に出てくる歌詞。

~花見の駅で待ってる君にやっとの思いで会えた~

という、花見の駅。

これ、実は、BENTO CAFEがある花見が浜の近くに実際あった駅の名前なんですってよ。

福岡県古賀市花見南に、西鉄の宮地岳線の駅としてあったらしく、今は廃駅になってます。

よく、BENTO CAFEから花見海岸に歩く時にソーラーパネルを横切るんですが、ここには昔電車が走ってたそうです。

なんか、ロマンチックで僕の大好きな散歩道。

ここを陽水先生は、きっとアフロで女の子に会いに通ったんだと思うと、心が躍ります。

そんな散歩道で、もう一度、東へ西への歌詞に戻ってみましょう。

「花見の駅で待ってる君に やっとの思いで逢えた」の後は、こうつながります。

「満開花は 満開君は うれしさあまって気がふれる」

どんな花か、想像しましたが、僕は菜の花が浮かんだんです。

でも、桜かも。桜って無常に散りますからね。

そんな花が満開の花見の駅で、久しぶりに出会えた恋人。

しかも、彼女はうれしさあまった気がふれる。

キャッホーーーーイ!!って感じだったのでしょうね。

さらに、

「空ではカラスも敗けないくらいによろこんでいるよ」

カラス・・・。なぜに?

彼女に敗けないくらいにカーカー叫んでる黒いカラス。

ここで、急にリアルな社会の現実に引き戻されたよう。

恋愛に浮かれる男女にも、社会の厳しい現実が待ってたのでしょうか。

きっと、歯科大に受からなかった浪人生の陽水先生には、黒いカラスを象徴とした世間の大人たちから、「人生、バラ色ってわけじゃないんだぜ!カーカー!浮かれてんじゃねーよ!」

という声が聞こえていたのかもしれません。

無常の恋の結末を想像させるような歌詞です。

そして、そんな無常な恋だと、どこか分かりながらもテンションアゲアゲな恋人。

さらに

「とまどう僕にはなんにも出来ないだから」

とまどう僕。

再開に喜び気がふれるばかりの女性と、満開の花、そしてカラスという現実。

未来の見えない自分に対して、勝手に盛り上がる女性と満開の花。

どこか孤独を感じながら、人生の春のような中に戸惑い、立ち尽くす。

無力なアフロ青年。

そんなカオスな心境の中で、絞り出す最後の歌詞は、

「ガンバレ みんなガンバレ 黒いカラスは 東へ西へ」

頑張れ!

ええですわ!!

これは、ブルースですね。

こんな歌詞が書ける陽水先生はすごいです。

そして、花見海岸では、こんなにも素敵な景色が見れます。

こんな素敵な散歩コースがあるBENTO CAFE。

是非、ミソスープを買って、東へ西へを口ずさみながら、一度歩いてみませんか?

きっと、頑張ろう!という気持ちが湧いてくるはずです。

それでは、また夢の中でお会いしましょう。

ウフッフー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です