赤玉ねぎの細胞をみて感じること。

末っ娘ジャンヌふみです。
上記写真は、2016年5月の時の順ちゃんとのツーショット。
まだなんか、私初々しさあるやん。笑

最近毎日食べてる赤玉ねぎのサラダ。
コレが美味しくってたまらない。
畑仲間のみやむは、赤玉ねぎのおかげでオナラが臭くなくなったと言っていた。笑

10年前の生活と比べるとだいぶ変わったなぁと思います。
毎日お酒も飲んでたしし、夜更かしも当たり前、毎朝起きるのがつらくて朝なんかこなきゃこなきゃいいのにって思ってたぐらい。

身体も口にするものでできていることをすごく実感するので、コテコテの食事も受け付けなくなっていく。。

パンやパスタも嫌いはでないけど、梅干しとか納豆とか、海苔とか味噌汁とか、昔ながらの日本の食文化って本当にすごいなあと思います。

今年はいつもと違う感覚があって水不足で周りの田植えも遅く最近田んぼに水が入っていないことが多く、雨が降っても畑の横の川の水も流れていない。
今日もそうだった。

食事、身体を作ってくれてる口にするもの。野菜も魚もお肉も自然の中の寄せ集めで、自分にエネルギーを注いでくれている。

土の中で赤玉ねぎを守ってくれてるかのようにミミズも大きくなってて、
自然の中に一緒に生きさせてもらってる自分も地球の中の循環の一部でしかないんだよねと思ったり。

人間ってなんだろう?
どこからやってきて、今自分がここにいるんだろう?
やってみたいことや、わくわくすること、あっと驚かせて笑わせたい、喜ばせたいこともたくさんある。

自分の中の自分とじっくり会話してみる。
赤玉ねぎの細胞ちゃんも私のお腹の中で一緒になって考えてくれている。笑

今年もとっても美味しくできた赤玉ねぎは、
ベントーカフェにて販売中!笑

6月9日(木)は、竹下順ちゃんと一緒いにいまーす!
順ちゃん店長で、「のびのーびカフェ」です。
ふとしたことや、のびのーびリラックスして話しましょ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。