「六道輪廻(ろくどうりんね)を抜け出せ」

こんばんわ🎵アブノーマルな乙女芸人アケミ姐さんです。

「六道輪廻(ろくどうりんね)」とは仏教発祥の地インドで広まった世界観でこの世に生きるものは全てこの六道の世界に何度も生死を繰り返す。ってことらしいです

この頃この六道輪廻という言葉がよく頭をよぎります。

六道の内訳

①地獄道→とにかくヤバイ感じに苦しい

②餓鬼道→欲深い、ケチ

③畜生道→弱肉強食に怯える

④修羅道→争いが絶えない

⑤人間→苦しみも楽しみもある人間道

⑥天道→楽しい世界だが悩みもある、有頂天になる

私は普段人間道で泣いたり笑ったりしてますが、時折修羅の世界に行った時は、【ああ!やってしまった~】と悔やみます。

恋愛のはじめの頃は、有頂天の世界にいきこの世の春❣️と喜びますが、ぶつかればあっと言う間に修羅の世界です。

なんだかな~

人間とは愚かだな~

でも、悩んだり、泣いたり、笑ったりできるのが人間。悩めるのは幸せな事だとも思います。

この頃、善きことも悪い知らせも必然だなーと感じます。そもそ良いも悪いも解釈だから、ピンチはチャンス❗

コロナも40度の暑さも私たちが創り出した現象だす。

困ったよー😖という悩みの種から未来のサービスを生み出してみたい!

六道輪廻を抜けることを【解脱】げだつ というそうです。

一喜一憂しやすい私は、腕に【解脱】のタトゥーを入れた方がいいかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。