食べ物と思い出

みなさん、こんにちは!
ツバメ狩り淑女アラ古希みすずです。
福岡は湿度高めな日々です。
この中でも食欲が落ちないのが救いになってる私です(笑)
さてさて、みなさんの大好物と言ったらどんなものが上がってくる
でしょうか?
私は「餃子」やちらし寿司など。おはぎも好きです。
これって振り返ってみると味が美味しいっていう前に
いい思い出が隠れているようです。
まず、餃子!
小学生のころ皮はお手製ではなかったけれど
肉やキャベツ、ニラなどを入れた具がどーんとちゃぶ台(まさに昭和)
に置かれて母と弟妹と一緒に餃子を包んでたーくさん作りました。
「こうやってひだをとって・・・」と母に教えてもらいましたね。
大病からやっと退院してきてからの日々の中でしたから
こういう時間はかけがえがなくとっても幸せな時間でした。
だから餃子イコール幸せな時間になるんでしょうね。
ちらし寿司やおはぎはお彼岸の季節になると母はたくさん作って
ご近所さんやお寺さんへおすそ分けしてました。
私も小学生でしたからお使いによく行ってましたね。
いいなと思うものの背景にある思い出。出会った人と分かち合うと
あっという間に距離が縮まるんですよね。
食べ物の好みも言葉がつくっているんだと実感です。
私のソールフードはお味噌汁。だからおしゃれなスープは無縁でしたし
興味なかったです。最近仲間とパンを食べる機会が増えてやっと
スープに目覚めはじめました。


いや今はクローズしていますがゼロ主催の
ベントーカフェのスープが始まりですかね。新しいことばが入りはじめてます。
ではお互いに暑い夏を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。