僕の願望がいよいよ叶おうとしている

  1. 高身長低姿勢のかしこまり王子ナガヨシです。
    僕の仮装経験は小学生時代、西遊記の劇で余ったの猪八戒役を仕方なくやったのが最後。
    ハロウィンが普及してきた最近ですが、(大人がコスプレなんぞに浮かれぬわ!)という虚勢を張り、羨望の眼差しで群衆を見ていました。
    傍観者。
    しかしながら、人生何が起こるか本当に分からないものです。
    zeroメンバーになって一ヶ月後のイベント。僕はピエロに扮し、ステージ上でパントマイムをしていました。
    まるで縁がないと思っていた光景をステージ上から眺めている自分。

    自分でも不思議な感覚でした。

    しかしながら、人間の欲とは恐ろしいものです。ステージを経験後、ある願望が頭の片隅に生まれました。
    女装してみたい。
    女性役や女形が似合いそうだね、という声を様々な方から言われていた自分。
    幼い頃は母が化粧する横にくっつき、母が僕の唇に口紅を塗るフリをするのをキャッキャと喜んでいたのを思い出します。
    潜在的な願望だったのかもしれません。
    ハロウィン本番で、僕の女装姿があなたの目に焼き付くことでしょう。
    手前味噌ではございますが、182㎝の女装、圧巻です。
    もちろん、あなたの仮装でも驚かせてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です