何故か言えなかった一言

こんにちは!
シザーマウスくみこで~す。

 

 

 

今回のテーマは「人生で一番勇気を出したこと」ですよね。

それで思い出したのが、勇気が出なくて死にそうな思いをしたエピソード。

あれは小学高学年から中学にかけての時ですね。

その頃になると胸が膨らみ始めますね。

私はバレーボールをやっていたからでしょう、母がスポーツ用のブラを買ってきました

最初はこんなもんかなと思って付けていたのだけど、

周りも段々目覚めて、女性らしい下着をつけていくわけ。

私も普通のブラが欲しいと思って、日曜日に友達と買いに行く約束まではしたのだけど、

こればっかりはちゃんとお母さんに言っておかないといけない。

買うお金もいるし。

でも、「お母さん、ブラジャー買ってくるけん、お金ちょうだい」の一言が言えなくて言えなくて。

何時間もずーっともぞもぞしていたのを覚えています。

記憶がそこで消えてるのだけど、そのあとはちゃんと買い物に行ったんだと思う。

勇気が出なくて詰まった思い出。

何でそんなに言えなかったんだろうね。

ちょっとでも性に関する事はタブーに感じてたからでしょうね。

自分でも不思議な思い出です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です