「好きになった人💕」

「好きになった人

皆さん、こんばんはプライベートゾーン・ナッシング女りかりこと江原です
今回のブログのテーマは「人生で一番勇気を出した時」ですね!そうですね、一番の勇気ですか、
何点かあるのですが、(笑)25才ぐらいの頃、元バイト先の飲食店に晩ご飯を食べに行った時に、
偶然居合わせた2才下の一見硬派な男性に一目惚れしまして、今までの受け身な恋愛人生の中で、
唯一、自分から積極的に行動した好きになった人でした
確か、下の名前に俊介だったようなが気がします(笑)
相手は、一度名古屋に就職したものの、思い直してスポーツ系専門学校に出直しの学生
「今は、彼女は創らない!」と友人に話していたのを聞いて、
私は「彼とは友達にしかなれない。好きになってはいけない!」と
最初は必死に自分の気持ちを押さえていたのですが、押さえれば押さえるほど、相手への想いは募るばかり。
ある夜、油山の展望台までドライブを誘い、あともう少しで展望台に到着するという手前で、
彼が「オレ 帰る!」と言い出して、泣く泣く自宅へ送って帰ったことがありました。
彼の友人にも自分の胸の内を相談すると「大丈夫だよ。奴はりかりのことが嫌いな訳じゃないよ。大丈夫!」と力付けてくれるのを支えに、諦めずに好きな人のアパートに最低でも週に一回は、
私の方から、「今日の夜、来てもいい?」と連絡して訪ねて行ってました。
普段は、料理しないのに、彼のために健気に?ビーフシチューを創って持って行ったこともありました(笑)
知り合ってから2ヶ月が経過し、「ヨシ!決戦の金曜日だ」と恐る恐る彼のアパートを訪ねて、
玄関先で、精一杯の告白をしました。(≧∇≦)
1週間、返事を待たされましたが、
彼の方から「こんな俺で良かったらよろしくお願いします」と笑顔で返ってきました
あの返事をもらう瞬間ほど、ドキドキして、天にも昇るくらい舞い上がったことはなかったですね(^O^)
私の人生史の中でも大事な思い出です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です