勇気を出した、ちょっと切ないお話!

どうもこんにちは!白玉女学園の生徒会長ハルカです。

勇気を出したエピソードですよね…。

色々考えたんですけど、今回はこのお話を書こうと思います。

以前、遠距離恋愛をしていた時期が2年ちょっとありました。まあ、過去形なので、その恋愛は幕を閉じたわけですが。

「お別れ」については、私から切り出したんですけど、それを切り出すのに、めちゃくちゃ勇気が必要だったわけです。当時、自己価値の低かった私にとっては一大事件ですよ、彼氏と別れるわけですから!!!笑

喧嘩したからとか、とっても嫌な癖があったからお別れしたのではありません。色んなことが重なって自分自身の言葉と向き合った時、私は心底彼のことを愛せていなかった、ということに気がついたのです。

こんな気持ちのまま付き合っていては彼に失礼だと気がつきました。だから切り出そう、と!

 

しかしながら、お別れするのが、当時はとってもとっても怖かったのです。なかなかハッキリと言い出せませんでした。それは何故かというと「もしこの人とお別れしたら、もうこんな私なんかを大事にしてくれる異性は2度と現れないんじゃないのか!?」という妄想にとらわれていたからですw(^_^;)それが一番の本音でした。

それをある日、今の仲間に打ち明けたことがあります。そしたらみんなに笑われました!Σ(・□・;)あはは!何言ってるの?それはものすごい妄想だね‼︎そんなわけないじゃない‼︎

と、ひと蹴りしてもらった時、やっと決心がつきました。色んな不安が吹き飛んだと同時に、ものすごく背中を押してもらった。あの日は忘れられません。

 

その日の夜に電話でお別れを切り出しました。車の中で電話したんだっけな〜。とてもいい人とお付き合いできた私は幸せ者だった、と心から感謝し完了しました(^_^)

怖い!と思っていた妄想を思い切って手放した時、次の未来がやって来ますね!

白玉には珍しく、切なめなブログでございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です