未知なるスーパースター!サンタさん

みなさんいつ、この世界にサンタクロース様という存在がいないことを知りましたか?

私は、結構長い間信じていました。
サンタさんってどんな人なんだろう?と未知のスーパースターにワクワクしていて、いつもクリスマスイブは意地でも起きていようと眠気と戦っていた気がします。

たまに、お願いしたものと違うものが枕元に置いてある朝もあったので、
アレ?と違和感を覚えつつも・・・「まぁいいや!サンタさんありがとう!」と気付かず。

しかし、あるクリスマスイブの夜、きっと眠気に勝利したのでしょうね。うっかり聞いてしまいました。
私の枕元にプレゼントを置きながらお母さん、お父さんがこそこそ話しているのを!

その時は、ついつい寝たふりをしてしまった私。

その後、友達が言う通り、サンタさんとは親のことなのだと確信したものの、両親にそれを打ち明けた覚えも無く、いつの間にかサンタさん来なくなったなぁ。

時が経ち、親になり、私もサンタさんになりました。

クリスマスが近づくと、娘に「サンタさんにお手紙書いた?」と手紙を書くことを催促します。小さい頃は素直に手紙を書いてくれました。

高くてそれ無理!っていうプレゼントは、「サンタさん、それは知らないと思う。サンタさんが知ってるものに変えよう」と大人の事情を押し付け。

ある時、「手紙に書かずに心の中でお願いする」と言い出しました。サンタさんは実在するのか?!という彼女からの挑戦だったのでしょう。

そしてある年、同じように「サンタさんにお手紙書いた?」と聞いたら、「ママ、もういいよ(笑)」と笑われました。

いつから知っていたのかは知りませんが、親に合わせてくれていたんでしょうね。

クリスマスが近づくと、こんな風にファミリーはもちろん、街もざわつき始めますね!
そして出会いたいなぁ!って思う人も多いはず!

今年はちょっと勇気を出してzeroクリスマスで、たくさんの人たちと共に過ごしませんか?
きっと新しい、楽しい人生の1ページになりますよ♬

この大階段で200人でどんな楽しいことができるかなぁと企画中♬

今年もみんなのサンタさんになって楽しい1日をプレゼントします!
ぜひ楽しみにしていてくださいね〜!参加者受付中!詳しくはzeroXmasページをご覧くださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です