サンタさんと悲喜こもごも

アブノーマルな乙女芸人アケミ姐さんです

保育園時代、私は母の策略に完全にやられていました。「うちはね、お金が無いんだよ。」家もすごく古いし我が家はとんでもない貧乏なんだ。だからクリスマスツリーみたいな派手なもの、絶対に買って欲しいなんて言っては、ならない。そう、絶対にだ!

おまけに誰から聞いたのか、サンタクロースとは架空の存在で友達の保育園児たちは、まんまと絵空事に騙されていて、気の毒に。と

思っていたのでした。

「みんなに、ホントの事を教えてあげなくては!」

「ねぇねぇ、知ってる?サンタクロースつて

ホントはいないらしいよ!」

自信たっぷりに話す私を横目に友人たちは

プレゼントを入れてもらう靴下をどこに吊るすか、真剣に話しています。

「駄目だ、子供を相手にしても話が通じないや。」

孤独感を感じながらも、孤高の保育園児として生きていくしかないんだ。あ〜あ。

そして、今。約40年の時を経て私は自分が

サンタクロースになってzeroXmasの広報活動をしてる!!!!!!!

そしてサンタさんを待つよりも

自分がサンタさんになって人を喜ばせる方が

何倍も幸せなんだ!と知りました❤❤❤

人生は面白いです!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です