力を抜いていいのかもと思えた曲

  1. 高身長低姿勢のかしこまり王子ナガヨシです。
    2018年記念すべき1回目のブログが私ということで、恐縮ですがつらつらと記すのであります。
    今回の【思い出の一曲】というテーマで浮かぶもの。
    BUMP OF CHICKENの「supernova」やHAWAIIAN6の「MAJIC」が過りましたが、今でも自分のやる気がふつふつと上がってくる曲というとこれかなーと思います。
    Sugar Soul feat.Kenjiの「garden」です。
    素晴らしくカッコいい!の一言ではあるんですが、自分は歌詞がとても印象的。

全体的に温かい歌詞の中で迎えるサビ。

「さあみんなここに 愛の庭に 終わりのない闇を抜けて 名もない花に 雲は語る さあみんなここに 感じたままyeah」

誰々が偉いとか、自分のメンツとか、勝ち負けの競争とか。そんな狭く息苦しい生き方しか知らない自分を捨て去って、力抜いてみんなで手を取り合おうよという風に自分には聴こえてきます。自分は一人じゃない!と思わされたと言いますか。

これを聞くたびに、自分が力が入りすぎて強ばってないか、リラックスできてるか、なんて自分を俯瞰的に見られる感覚があるのです。

2018年も慌ただしい1年になると思いますが、定期的に「garden」を聞くことでしょう。zeroファームも始まったことですし、愛の農園でも作るぜ yeah yeah.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です