夏祭りには虎と馬がいます。

こんにちは!残念なナルシスト櫻井です。

今回のテーマ、【夏祭りの思い出】ですが、

僕は子供の頃からお祭りは大好きでした、金魚すくい、はしまき、ヨーヨー釣り、、、ですが、今回は甘酸っぱい思い出をひとつ。

高校を卒業して一浪目の夏。僕は勉強よりRさんという同い年の女の子に恋をして、猛アタック中でした。そんなある日、百道浜の花火大会に誘ったら、「行く」とメールが返ってきたんです!

ただ2人きりじゃなく友達の女の子も一緒とのこと。

僕は一対一ならなんとか好きな子と話せたんですが、知らない女の子がいることで、とてもとても慌ててしまいました。

10代後半から対人恐怖が出てきて、つい「何を話せばいいのかな」と少しでも考えてしまうとパニックになっていたんです。

まともにコミュニケーションが取れず、その友達の子から「この人叩きたい。。。」とまで言われてしまいました。(T_T)

多分一応3人で少しは花火を見たはずなんだけど、ショックを受けすぎてその記憶さえもありません。。。

それから、その好きだったRさんとはどんなに誘っても会えることはありませんでした。

僕がコミュニケーションを何とかしなきゃと思い、荒療治に仕事に訪問営業を選んだり、あらゆる自己啓発に走ったのは、そういう悔しさと、自分を諦めたくなかったからなんです。

その結果、人と人が本音で話せる素晴らしさをNCGゼロで知って感動しました。

そのキッカケの藤川さん。

夏祭りとは僕にとっては、人生の鬼門、天下分け目の関ヶ原かもしれません(笑)

そんな僕の今年のテーマは「リベンジ夏祭り」です。復讐に燃える僕と一緒に『zero夏祭り』を体験しませんか?(≧∇≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です