時が止まる贅沢

 

『愛人キャラだもん♡マリコ様』のまりこです。

今回のブログテーマは『人生で感動した風景』。

風景、と言っていいのかわかりませんが、私が感動したのはある絵画を見た時。

自然と涙が出て絵の前に立ち尽くしてしまいました。

その絵はクロード・モネの『印象、日の出』。(著作権的な問題があるのでこちらへの掲載はやめておきますね)

印象派の名前がつくのにふさわしい美しい絵でした。

印刷されたものなんか目じゃないのです。そして言葉にもできないのです。

100年以上昔の人が描いた絵なのに、空気が透きとおってきらきら輝いて、絵だけが息づいていて、自分がその場にいるみたいな、自分だけがそこにいるような。叫びたくなるような、泣きたくなるような、そんな不思議な気持ちになったのです。

絵って不思議ですよね。サルバドール・ダリの『ポルト・リガトの聖母』や伊藤若冲の絵を見た時も同じ気持ちになりました。同じ絵をたくさんの人と時間を共有しているのにたった一人で独占しているような贅沢な気持ちになりました。

だから美術館も博物館も誰かと行くのには向いていない私なのですが笑(何時間でも一つの絵の前に居るので…)

そんな感動をみんなと共有できるようになったのはNCGzeroのイベントに行き初めてでした。思いは共有できる。絵画だけじゃなくてたくさんの感動をこれからもみんなと共有したいですね。

夏祭りもそんなひと時になるように…楽しみにしています。

2 件のコメント

  • 台湾の南の方、台南市の近郊に、「奇美博物館・美術館」と言う民間の財団法人の施設があります。そこに陳列されている美術品は皆、世界一級の作品ばかりです。
    多分、真理子さんも、私同様、一つ一つの作品にすっかり、見とれてしまって、中々、別な場所(例えば他の観光名所)に、移動しないのではないでしょうか?‼︎。
    芸術的審美眼に、随分、恵まれておられる様ですから、1日中あるいは、23日中でもここにいたいと思う思うはず、です。
    そんな素晴らしい施設です(もっとも私の主観ですよ(^o^)❗️)。
    私は6年ほど前に3年続けて鑑賞に行きました。
    その時は入場料は無料だったと思います。
    それもとても魅力的でした。
    台湾にいかれる事が、ありましたら、是非、奇美博物館・美術館を見学に行かれてみてください。

    • 可能なら丸一日でも美術館に居たいタイプなのですが、だからって他の観光名所に生きたくないわけでもなく…可能なら自分が3人くらいに分かれて分担性とか取れたらいいのにって思いますね。
      台湾、まだ行ったことが無いのでその時が来たらぜひ行ってみますね(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です