わざとじゃなかった…!

こんばんは( ´∀`)
カマトト座敷童こと、坂本有沙です。
【今回のテーマは『朝バナ』で学んだこと、進化したこと、変わったこと….】

恋愛経験がほとんどない私にとって、最初、朝バナの敷居が高かったなあと思います。

小学4年生頃に、父と兄に『ブタ』と言われて以来、バリアを張って生きて来たので、朝バナでは話すことに消極的すぎて、存在感も薄く、『いたの!?』と言われることも多々です。

ですが、朝バナは、そこにいて、聞いているだけでも為になるんです。

よく、女性は察してほしいのに、男性は察することができないことがテーマで上げられます。

今まで私は内心、“この人たち(男性)は、なんで人の気持ちがわからんのだ!”と怒って、
ムッとすることがよくあったのですが、男性って本当に言葉にしないとわかないことを知りました。

約束を忘れられた、コンプレックスに思っていることをあっけらかんと言われた時..etc、
に怒ることがよくあったのです。

だけど、彼らは、わざとじゃない。( ・・)

憎いけど、わざとじゃない。( ・・)

色んなことに、深い意味はない。( ・・)

回数を重ねるごとに、男性と女性って、本当に違うんだなあと胸落ちしていきました。

怒ると私は無言でだいたい話さなくなりますが、『あの言葉に傷ついた』、『怒ってます』と言えるようになったのが、変わったことです。

話さなきゃわからないということを学んで、実践してます(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です