学生時代の入学の思い出…

高身長低姿勢のかしこまり王子ナガヨシです。
本日からブログテーマが変わりまして、【入学の思い出】。
桜も咲いて、春らしい最近にピッタリのテーマですね。
「あの頃のナガヨシは…、」なんてことを言う年齢になろうとは。
学生時代の自分が、今の自分を見たらきっと驚くだろうなと思います。

さて、テーマですね。
入学の思い出で一番強く記憶に残っているのが、中学校の入学式。
どのクラスになるかなというワクワクで期待に胸を踊らせていました。

というのも、僕の小学校はド田舎だったので、6年間ずっと1クラスだったんですよね。
年度が上がっても、良くも悪くも毎回同じ顔ぶれ。 とても仲良くはなりながらも新鮮さというものはありませんでした。だから、転校生が来るとみんな飛び上がるほど嬉しかった。笑
それが中学校となると、隣町の小学校から来る生徒がいるのでクラスも複数になるんですよね(といっても2クラスだったんですが。笑)。
入学式の後、掲示板に貼り出されたクラス名簿に友達とかじりついたのを今でも覚えています。

複数のクラスは良いですね。
隣のクラスの可愛いあの子の噂、担任の先生がああだこうだ、体育祭や文化祭の白熱感。
そして何より、便利だったのは忘れ物をしたとき。
彫刻刀やらコンパスやら何度隣のクラスに借りに行ったことでしょう。

今でも中学校の同窓会は度々行われていますが、結婚ラッシュな最近。
顔を合わせる機会も少なくなってくるのかもしれません…。それでも顔を合わせた時には思い出話に花が咲きますけどね。もっと人生経験を頑張ろうと思います。

↑の写真は中学の同級生達と東京旅行した一枚。あれからもう2年半になるのかー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です