朝が来るまで語り明かした!

本日からブログはアメブロから移行し、zeroのホームページから更新して
いきます。引き続きzeroブログをよろしくお願いします(^^)/

【合宿の思い出】

ナイーブなハリネズミBOYユウタです!


今回からのテーマは合宿の思い出。
私が一番思い出に残っているのは高校2年生の時に行った修学旅行です。
長野県のスキー場へスキー旅行に行きました。

修学旅行の夜は恒例で、部屋を移動し、夜な夜な語りあうのですが、私の所属して野球部
は校則が厳しく、夜に部屋を移動しているのがばれると、監督から愛のムチが飛びますので
私は部屋を移動せず、クラスでも大人しい旧友と過ごしていました。

みんな寝静まった時、ひとり手持ち無沙汰にしているA君とぽつりぽつりと日常の些細な
ことをお互いに話はじめました。
A君とは仲は良かったですが、私は野球部に所属してましたので、仲間といえば野球部のメンバー
が主で、深い関係の人はいませんでした。

最初は些細なことを話していたのですが、話がどんどん深くなっていきました。
そしてA君が悩みを打ち明けてくれました。
好きだった部活の同級生に告白して振られたこと、中学の時に急に仲良くなった親友から
いきなり無視されるようになり、それっきりになってしまったことをぽつりぽつりと打ち明けてくれました。
私も中学の時に同じように親友だと思ってた人が、急に冷たくなり、それっきり話すことがなくなったことが
ありましたので、その過去を話しました。
そこから人生のこと、恋愛のことを熱く語り合いました。
まわりの級友はすでに寝静まり、二人の会話だけが部屋に響きました。
気づけばもう陽が昇り朝になっていました。
そこから彼は僕の中で特別な友達になりました。
僕は野球部で忙しく、遊ぶことはなかったですが、彼のことは非常に大切な友達でした。

それからお互いに高校を卒業し、別々の大学に進学しました。
そして社会人になったある日、電車の中で偶然遭遇しました。

僕はうれしくて、「A!久しぶり!元気?」と話しかけました。
すると彼は
「宏明!久しぶり!元気よ!」と言われました。

そう、宏明とは僕の双子の兄の名前で、間違えられたのであります。
Aよ!結構ショックやったぞ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です