これで最後!

ブログはご無沙汰です。

甘えん坊が止まらない!ナル! 成岡佑亮です。

ブログテーマをフリーということで、何を書こうか?と考えて浮かんできたのが、子どもの反抗期。

教育評論家の尾木ママが登場するテレビ番組の中で取り上げられていたテーマで、とても気づきをもらいました。

というのも、『反抗期は子どもの最後の甘えです。』というのです。分かってもらいたい感情をどう言葉にしていいか分からない。とか、親の問いかけにうるせーだなんて条件反射のごとく言ってしまう。とか、多感な感情をどう表現していいか分からないから反抗する。

なるほど!  と思いました。

僕の学生時代の反抗期はほとんどなかったように思います。反抗心はありましたが、分かってもらえないと反抗することを諦めていた感じです。そのせいでしょう。つい最近の人付き合いを振り返り、

なぜ、自分の言い分が理解されないのか?とはぶてていたアレは反抗期そのものだと思いましたよ!

大人になったのだから、伝えるべきことを相手に伝える努力をする。自分の感情に支配されて生きることの限界を感じますね!

人間関係は誠実さだ。と胸に刻みました。

ここに反抗期の完了を宣言します!人間気づいた時が変わる時だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です