大本睦ヒストリー

反抗心で生きてきた過去

私の家族は、祖父、父、母、兄、妹の6人家族でした。私は小さい頃はいつもお母さんの影に隠れている恥ずかしがり屋で、挨拶もできない子供でした。 家の中ではとにかく祖父が怖くて、祖父を避けて生きる生活でした。祖父はいつも怒っていて、大きな声で怒鳴られることもしばしば。 「おじいちゃん、お父さん、お母さんの中で誰が好き?」と祖父に聞かれるのですが、おじいちゃんと答えないと怒られると思っていたので、本当は父のことが大好きだったのに「おじいちゃんが好き」と答えていました。

我が家で大切にされていたのは兄でした。それに比べ、私はいつも憎たらしい、と言われていた覚えがあります。 お兄ちゃんはいつも大事にされて、男だからと家族に崇められていました。父親は私に対して、「なんでお前は男に生まれなかったんだ!なんでちんちんつけて生まれてこなかったんだ!」と言われ、「私が男だったらよかったのに。もっと大事にされたはず。男に負けてたまるか!!」と反抗していました。 そんなこともあり、物心ついた時から反抗的で、お父さんに「出て行け!」と言われた時は、家を出て、家のドアを壊したこともあります。

高校卒業したのを機に、大嫌いだった家族から解放されたくて18歳で家を出ました。その後も年に1、2回帰るものの、家族と話をすることはありませんでした。 クール、冷たい、可愛げがないと言われ続け、それは私がzeroに入る前、28歳までずっと続いていました。

仕事に関しては努力してきたので、あまり努力をしない後輩に対し思い切り怒りをぶつけていました。その結果、何人も辞めていき、誰かを常に責めている自分でした。 恋愛は、いつも自分から出会いを求め積極的に行動していましたが、付き合い出すと嫌われたくないので、無理して相手に合わせて自分を抑えて会話をしないため、我慢が溜まって爆発して喧嘩して別れる、というパターンを繰り返していました。

zeroとの出会い

当時サロンをしていた中村美鈴さんの講座を受けにいき、美鈴さんからzeroのイベントに誘われました。それまでクールな印象が強かった美鈴さんが、とても楽しそうに話していたので、行ってみたい!と思い参加しました。友達創りのイベントだときき、友達が欲しい、という感覚はなかったけれど、直感で行ってみたいと思ったので思いきって参加することに。

朝バナで一番印象的だったのは、Facebookで見ていた吉冨さんに初めてお会いして、芸能人に会えたような感覚だったのを覚えています。そして、Zeroのみんながすごい衣装を着ているのを見てびっくり!また、男女が本音でぶつかり合う様子を見て「ケンカしてるの?」と思うぐらい白熱トークが繰り広げられていたことにも驚かされました。 その後も、自由に話せることが楽しくて、どんどんイベントに参加して行きました。

zeroメンバーになろうと思ったきっかけ

みんながイベントごとにドレスアップしたり、一致団結している様子を見たときに、みんなの中に入りたい!と素直に思えました。しかも、zeroのメンバーはイベントの時だけではなく一緒に生きる親友としてシェアハウスをしたり、みんなで集まって会話している関係性を見て「仲間」という感覚に憧れてこの人たちと一緒に生きたい!と思いました。

zeroに入って変わったこと

zeroに入って生活が一変しました。まず憧れだったシェアハウスを始めました。育ってきた文化が違う仲間と生活しながら、自分が今まで当たり前だと思っていたことが人にとっては違うので、なかなかうまくいかないこともあリます。 そんな時は必ず会話をして解決!「話さなきゃ始まらない」をモットーに話す素晴らしさを伝えているzeroの仲間たちはみんな会話を大切にしているのでなんでも話し合うセンスがついてきました。

昔は、自分のいいところだけを人に見せたかったので秘密主義でしたが、オープンになりました。自分を偽らなくなったので人生がどんどんシンプルに楽になって行きました。人に対して、ここは見られてもいい、見られたくないと人目を気にしていた時はとても苦しかったのです。いつも人を警戒し、恥ずかしい思いをしたくない、変な人と思われたくない!と自分のことを小さく縛っていましたが、あるがままに自分を見せられるようになってきたのはzeroに関わったおかげです。

Zeroに関わってからは家族とも話せるようになってきました。不満を持って反抗するのではなく、ちゃんと話し合っていく大切さに出会えたからだと思います。 また、zero活動をする中で自分が苦手なことにもどんどんチャレンジしているおかげで、いろんなことができるようになり自信がついてきました!

ニックネームのわけ

私のニックネームは「魅惑のスーパーチャイルドモンスター睦」ですが、外見はふわふわしていて優しそう、明るそう、と言われるので、そこから魅惑という表現がついたのだと思います。 スーパーチャイルドモンスターは超子供!を表していますがまさに生い立ちが影響しているなぁと思います。

とにかく思い通りに行かないと反抗!反発!攻撃してまうのです。わがままで言い出したら聞かないし甘えん坊だし感情的になるし。

良く言えば感情豊かで無邪気に楽しめる気質です。

今後の目標

zeroのイベントをする中でたくさんの新しい出会いがあります。その中で自分の言葉で誰かが勇気づいたり、元気になったりする姿を見るのは本当に嬉しいです。そんな体験を重ねながら自分の未来のビジョンは模索中です。 人に何かを教えることが好きだし、人が成長していく姿を見ていたいと思うので、そんな仕事をしてみたいなぁーと漠然と思っていているところ。 とにかくどんな人も応援する生き方をしたい!と思います。

こんな私ですが是非仲良くしてくださいね!