田中 佑弥ヒストリー

3人兄弟の長男・良い子として育てられた

僕は、3人兄弟の長男として生まれました。
いつからかは覚えていないのですが、小さい頃から母親に「偉いね、良い子だね。」「何も言わなくても、ちゃんとやる」と言われていましたね。

僕には、結構、我慢する癖がついていて、幼い頃から母に、これが欲しい!と言っても、「何の必要性があるの?どうして買わなきゃいけないの?」と返ってくるんですよね。

最初はダダをこねていたのですが、段々と諦めが出てきて、どうせ買ってくれないかと思っていました。それが「どうせ、僕の要望は受け入れてくれない」に変わっていって、自分の要望を言わなくなりましたね。

小学校に上がる前から、通信教育(かわいい動物のキャラクターと一緒に勉強するやつ)をやっていて、勉強できるから学校でも色々任されるんですよ。だから、「僕って賢い!」と思っていました。その頃から本気で僕は、頭が良いと思っていました。

僕って勉強は得意なんですけど、スポーツは苦手なんです。
小学校から高校までは野球をやっていて、高校ではキャプテンを務めましたが、スポーツがよくできる3歳年下の弟にはずっと「悔しい、負けた」と思っていましたね。小・中学校の時もレギュラーではなかったですし、高校でも選手としての能力を買われてキャプテンになったわけではありません。

負けるくらいなら最初からやらないってくらい負けるのが嫌いなので、選手としてではなく頭脳派な雑用係として強固な地位を確立していましたね。でも根は真面目なので、練習にもきちんと参加していましたよ。(そうでないとキャプテンなんて任されないですよね)
実際のところ僕は目立ちたがり屋ですが、勉強では目立てない。だからスポーツができる人が羨ましい…持って生まれた才能だけで目立てるってどういうこと!?って思っていましたよ。

NCGとの出会い

僕は、母親に自分の希望を言っても通らないので、自分の意志を表示せずに、自分を出せない、要望を言ってもどうせ通らないと生きてきました。
大学で研究をしていても、辛く、生きること自体が辛かったです。

自分を出さずに生きることに限界を感じて、社会にとって、不必要な人間だと思っていたんです。

修士課程を修了する際、僕は自分が何をしたいのかがわからず、自分の進路を決められずにいました。たまたま頭が良かったので、博士課程への進学を勧められ、決断を先延ばしにするという選択をしました。

そんな時に、ちょうどNCGzeroに出会い、朝バナに行きました。僕も自分を出したいと思うようになったんです。

ゼロに入るきっかけ

上辺だけじゃなくて、深い友達を増やしたいんだけど、ただ、相手を許容することや受け取るだけじゃダメだと気づいたのがきっかけですかね

中高、ずっと好きだった女の子は自分の気持ちをストレートに言っていたんです。それは自分とは正反対で、本当はああいうふうに生きたいんだ!とずっと思っていたけれど、「どうせ俺はああは生きられない」と諦めていましたね。

僕も、本当は、自分から異性に声をかけたい、このモヤモヤした自分の気持ちを言いたい、それを形にする力が欲しいと思って、ゼロに入りました。

ニックネーム【女性若葉マーク工学博士ゆうや】

博士課程まで進み、勉強は優秀な成績だけど、小さい頃から、恋愛だけは赤点と言われてきたんですよ。

中高5年間片思いをして、好きになった相手はものすごくモテる子で、男がしょっちゅう変わっていました。その子は悩んでいて、僕は相談にのっていたんですよ。なので、その子と仲良くはなれる。だけど、男としてみてもらえない=恋愛対象として見られない。大学に入ってからも、女性に一目惚れして、相手のことをよく知りもせず、告白だけして、玉砕する。実は、付き合うというところまで、こぎつけたことがないんです。

ゼロに入って変わったこと

入ったばかりですが、気分がスッキリしています。人に声をかけるときに、今までならモジモジしていたのですが、“ま、いっか”と声をかけられるようになりました。

今後の目標

誰とでも仲良くなれる人になりたい、自分の人生をかけたいと思える目標を見つけたいです。
人を応援できる人になりたいです。特に昔の自分のような人(本当は言いたいことがあるんだろうけど、言えてなさそうな人、見るからに自分に自信がなさそうな人)を助けられる人になりたい。
僕の名前、佑弥には、佑→神様の助け=人を助ける、弥→広くあまねく(広く行き渡る)っていう意味があるんですよね、そんな人間になりたいと思っています。