江原理加里ヒストリー

以前の私

  • 二面性

子供の頃の私は、外では極端な人見知りでおとなしく、家では気に入らない事があるとワンワン泣いて親を困らせるようなわがままな子で、いわゆる内弁慶と言うんですかね、すごく二面性があったと思います。外にいるときは、お友達と遊びたくても自分から声をかけることが全くできずに声をかけてもらうのをじっと待っていて、誘われたら皆の後を金魚のフンみたいに付いて回っていました。

それから、私の性格の問題点として、周りの人と自分を比べては私ってダメだなと自信をなくし「あの人はいいな」とすぐ羨ましがるひがみっぽい所が強いのですが、これは二つ下の妹との関係から来ています。妹は私と違ってとても活発な性格でした。補助輪なしで自転車に乗れるようになったのも私より早かったし、自分から母に頼んで水泳、お絵かきなど色んな教室にも通っていて、母が付き添って教室に出かけていく妹を横目で見ては「いいな、いいな、どうせ私は、、、」とつぶやいていました。これがそのまんま私の性格になったようです。

  • ひきこもり

私のコンプレックスに学歴コンプレックスがあります。というのも、私は高校二年生になってすぐ不登校になってひきこもり、そのまま高校を中退してしまいました。そのきっかけはこうです。

実は私は歌が大好きで小さい頃からよく歌ってました。緊張しすぎて予選落ちしましたが、ちびっ子のど自慢大会のオーディションを受けた事もあるくらいです。高校に入ってもクラスメイトの前でモノマネしたりしていたのが噂になって、一年生の時の文化祭ではステージに立って大勢の生徒の前で熱唱する体験をしました。そのときがスターになったかのような快感に酔っていたんでしょうね、皆がチヤホヤしてくれるという錯覚に陥ったんです。しかし、現実は何も変わるはずもなく、高二でクラス替えがあったとき、それまで仲良かった友達とは別のクラスになり、自分からは誰にも話しかけられず、ポツンと一人で座っているのが嫌で翌日から学校に行かなくなりました。今思えば、何とまぁワガママな!と思いますが、それが実際に私がやった行動なので仕方ありません。

それから二年ほどひきこもり、高校は中退してしまったのですが、内にひきこもったままではいけないと思って飲食店でのバイトを始め、転々としながら30代に突入しました。

ゼロへのきっかけ

37歳になったとき、はたとこのままではいけない!と思い立ち、ネットで検索してコミュニケーション講座を発見しました。これががゼロの母体となるNCG(ナガイコミュニケーショングル-プ)の体験講座だったんです。何度もためらいましたが思い切って参加したのが2007年の秋、これが人生様変わりのきっかけです。

私が参加し始めた頃は、まだゼロは存在していませんでした。私が関わるようになって数年経った頃、講座に通っている仲間達が「話す楽しさを気軽に味わえるイベントやりたいね!」と言い出してトークイベントを開催し始めたんです。私も誘ってもらってちょこちょこ参加するようになりました。

主催している皆を見ては「いいな、いいな、羨ましいな、私もやりたいな、、、」と思っていました。もちろん自分から志願する勇気はありません。そこに、既にゼロメンバーだった上田(アブノーマルな乙女芸人明美姐さん)さんが声をかけてくれたんです。「りかりちゃん!ゼロメンバーになって一緒にゼロ活動やろう!!」もう嬉しくて「はい!」と二つ返事でゼロ入りを決めました。カフェでのトークイベントから舞台を使ったトークイベントに移行した最初のイベント「福岡の中心で愛を叫ぶ!@ぽんプラザ」にインディアン役で出させてもらいました。これは確か2011年の5月6日だったと思いますが、私のゼロデビューです。なので私は結構ゼロの草創期から存在してるんですよ。ところが、それから色々ありまして、、、。実はゼロメンバーを辞めていた時期があります。ある時、皆の大事なミーティングを仮病を使ってすっぽかしてしまいました。昔の悪い癖が出てしまったんです。例の不登校癖で、ちょっと嫌な気分になるとすぐ逃げるという悪い癖です。“話さなきゃ始まらない”がモットーのゼロですから、ことばの誠実さに関しては厳しいんです。仲間に嘘をついてミーティング欠席なんて、今考えれば自分でも呆れますが、当時はわがままなガキのまんまだったんですね。一旦ゼロメンバーからは外れてまた振り出しに戻って、一年半くらいでしょうか、只の参加者としてゼロに関わりました。この時期は、自分を成長させて皆に再度仲間として認めてもらおうと必死でした。

ゼロで変わったこと

私が本当に変わったのはこの辺りからです。チームで色んな目標を達成するためには、自分の気分で言動してはいけない、苦手なことでも挑戦していく姿勢が大事なんだ、と学びました。ゼロに復帰できたときの喜びはひとしおでしたね。「何でもやらせて頂こう!」という謙虚さが生まれていました。私はゼロに育ててもらったなぁと感じています。

ゼロメンバーになって変わったこと。それはやはり一番は自分から人に話しかけられるようになったこと!人見知りでひきこもりにまでなった私が初対面の人にでも「友達になりましょう!」と明るく声をかけるようになったなんて奇跡だと思ってます。いきなり近づいていくので距離感がないって言われるんです。「近いっ!!」って。だからニックネームは「プライベートゾーンナッシング女りかり」なんです。“距離感0(ゼロ)”みたいな。(笑)

それから苦手な事にも逃げずに挑戦するようになりました。私はパソコン作業が大の苦手だったんですが、ゼロ活動を上ではそんな事言ってられません。ゼロの中での私の役割は「受付」です。メール対応したり、名簿を作成したりと仲間に教えてもらいながら何とかできるようになりました。

それと、イベントの司会やSV(責任者)にも挑戦しています。これらすべて、昔の私からは考えられないような飛躍です。もちろんまだまだ未熟で問題山積なんですが、挑戦するようになった事自体がすごいことなんです、私にとっては。これからもドンドンやっていきます。


それから、オシャレも変わりました。昔からオシャレするのは好きだったんですが何をどうしていいのか全く分からず。美容番長の関原(シザーマウスくみこ)さんにカラータイプを教えてもらってハマりました!自分に似合う色で服選びができるようになったのと、他の人のカラータイプも「この人は何タイプかな?!」と空想するのが楽しくなりました。オシャレが楽しめるって大きいですね。

今後の目標

これからの事?う~ん、やっぱり恋愛ですよね!そうそう、私最近生まれて初めて好きな人に告白したんですよ~~~!「あなたの純粋な所が大好きです!」ってハッキリ自分の気持ちを伝えたんですよ。相手はビックリしてました。即OKにはならなかったんですが、いつものグズグズしてる時よりも清々しかったです。

昔は「どうせ私なんて、、、」と外見にも性格にもコンプレックスだらけで自分で自分の恋愛をストップさせていたんですけど、今は結婚もしてみたい!と思うようになりました。例の彼、あきらめずにアタックしていこうと思います!噂によるとOKみたいです!

ワタクシ、48歳ですけど これからが青春!って感じで楽しみです。